ウィンタースポーツとはどういうもの?

ボブスレーというスポーツを知っていますか?ボブスレーは現在冬季オリンピックの正式競技にも含まれていて、競技名だけでなくルールまでご存知の方も多いかと思います。 今回はボブスレーという競技が生まれるまでの歴史からルールまで詳しく紹介していきたいと思います!

ボブスレーというスポーツ

ウィンタースポーツとは冬季に行われるスポーツの総称で、冬季競技とも言われ、主に雪上や氷上で行われています。雪上で行われるものの例としては、スキーやクロスカントリー、スノーボード、スノーホッケー等が挙げられます。また氷上ではスケートやボブスレー、リュージュ、カーリングなどが例として挙げられます。
ウィンタースポーツという言葉は競技で行われるスポーツだけでなく、レジャーで楽しまれるものにも用いられます。
また冬季という言葉を聞くと、冬季オリンピックをイメージする方も多いのではないでしょうか?
冬季のオリンピックで行われる種目は大きく分けてスキー、スノーボード、スケート、ソリ、その他の5種に分けられます。
スキーの中ではアルペンスキー、クロスカントリースキー、スキージャンプ、ノルディック複合、バイアスロン、フリースタイルスキーがあります。
スノーボードではハーフパイプ、パラレル大回転、スノーボードクロス、スロープスタイル、ビッグエアに分かれます。
スケートではスピードスケート、ショートトラックスピードスケート、フィギュアスケートに分かれ、ソリではボブスレー、リュージュ、スケルトンと、種目ごとでも多くの競技に分かれています。
またその他の中にはカーリング、アイスホッケーが含まれています。
フィギュアスケートは1908年ロンドンオリンピックに、アイスホッケーは1920年アントワープオリンピックに夏季オリンピックで競技されていました。

スノースクートというスポーツ

スノースクートというスポーツは比較的新しいため耳にしたことがない方も多いかもしれません。しかしスノースクートは初心者でも簡単に乗りこなす事ができ、マシンをカスタムする楽しみもあります。 ここでは、そんなスノースクートの知られざる魅力をお伝えしていきたいと思います!

カーリングというスポーツ

冬季オリンピックの正式競技にも含まれるカーリングはとてもメジャーで目にすることも多いのではないでしょうか? ここではそのカーリングについて、歴史と、カーリングというスポーツにはどのようなものが必要となってくるのかを紹介していきたいと思います!